蓮見の会in京都
7/2の5件目の訪問地は東福寺の塔頭、毘沙門堂勝林寺。
拝観は期間限定だけど、境内に入るのは自由で、坐禅や写経などの体験コースは毎日のように開催されているという、ちょっと不思議なお寺。
ホントに自由に入れるんだろうか?と不安だったけど、道の入り口に大きな看板が出ていて一安心。
本堂では坐禅体験が始まったばかりらしく、お寺についての説明をしていた。
「蓮は観賞用です」ってとこだけ聞こえたよ。
境内はそれほど広くないものの、蓮以外に百合、紫陽花、もみじなどが上品に植えられている。


蓮の鉢の数はそれほど多くないと聞いていたので、1輪でも咲いてたらいいなぁぐらいのつもりだったけど、けっこう咲いてる。
もっと早い時間に訪れればよかった。(時間に余裕ができたため、翌朝再訪問することに)


蓮と百合の夏らしいコラボ。
百合の花がすごくキレイだった。


石灯篭と蓮。


擬宝珠と蓮。


過去と未来。


さて、気づいたらもう午後1時。そろそろお昼休憩。
東福寺と駅の中間ぐらいのところにある町家カフェでもりそばを食べたんだけど、これがめちゃウマ!!
特にそばつゆが、出汁がきいてて、余計な風味がなくて絶品でした。
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL