東京は染井吉野があっという間に満開になってしまった。
それなのに、天気のよい日が少ない(涙)
まぁ、夜桜なら雨と風さえなければ見られるんだけど。
今まで行ったことのない夜桜が見たいなと思い、ミッドタウンを訪れてみた。
着いた時まだ少し明るかったけど、既にライトアップされてた。
ピンクにライトアップされてる〜。嫌いじゃないな。
ミッドタウン4

橋を渡って↑に降りてみることにした。
見上げると、とってもムーディーな桜が。
ピンクのライトアップでごまかされてるけど、既に花は終わりに近い。
ミッドタウン2

なんか蜷川実花さんの世界だな(笑)
ミッドタウン3

そうこうしているうちに完全に夜になりました。
幻想的や〜。
こんなに面白い・・・いや素敵な場所なのに意外と空いてる。
ミッドタウン1

橋を渡って移動します。
橋の上はそこそこ混んでいて、立ち止まって写真撮っていると警備員に追い払われます。
ミッドタウン6

橋の左側は遊歩道になっています。
遊歩道からの景色。けっこうお気に入り。
ミッドタウン8

見上げると蜷川実花さんの世界に染められてしまいそうです(笑)
ミッドタウン5

夜景は残業の灯りでできています。
ミッドタウン7
六義園は私の大好きな場所のひとつ。
ほぼ毎年春と秋に訪れています。
こんな素晴らしい庭園を造った柳沢吉保は悪い人ではなかったと私は思っています。
彼がここで六条院のような優雅な生活をしていたのを想像するとウットリしてしまう。
しかし、今日はめちゃんこ混んでいて、そんなウットリしている余裕はない。
いつもライトアップの時期は染井門の横に行列ができるのだけど、あっという間に入れて、中はスイスイ(かなり広い庭園なので)
でも、今日は行列も長かったし、枝垂れ桜が近づくと先に進めないほどの混雑。平日なのに〜。
警備員が「立ち止まらないでください」と叫んでも、順路が整備されてるわけじゃないし、暗くて進めず。
枝垂れ桜はちょうと満開で、風が吹くと花びらが舞う。
六義園3

花を下から眺めるとこんな感じ。
六義園4

六義園はライトアップの仕方が上品なので、好きです。
でも、写真で再現するのは難しい。
六義園2

少しずつ近寄ってみます。
六義園1

清楚な感じの桜。ピントがイマイチですが。
六義園5

六義園にはもう1本枝垂れ桜があります。こちらは背が高い。
月と一緒に撮れました。
六義園6
帰りは道を間違えずに、今出川御門から出た。
・・・と、道路の向こうに満開の桜。あぁ、これが冷泉家の桜!
同志社のあたりに冷泉家があるのはなんとなく知ってたけど、どこ見ても同志社で今まで冷泉家の場所がわからずにいた。
桜の目印のおかげで長年の謎がスッキリ。
冷泉家1

近寄って見たいけれど、横断歩道は遠いし(バス停0.5個分)、足は筋肉痛だし・・・
いや、でも次いつ見られるかわからないから、頑張って見に行こうじゃないか!
近寄って見てよかった。かわいい。
冷泉家2

ちょっと大島桜に似ているけど、葉が出ていないから違う。
冷泉家4

早咲き桜ツアーこれにて終了。
冷泉家3

京都駅でラーメン食べてから帰ろうと思ってたら、店がなくなってた(涙)
あと、イルバールもなくなってる。どちらも昼からビールが飲めて好きだったのに。
八条口のレストラン街がリニューアルのために閉店するらしい。困ったな。
近衛池の前の糸桜も見事です。柵の右側が池です。
京都御所10

池の水面近くまで枝垂れています。
橋をさりげなく入れてみました。
京都御所6

人を呑み込みそうな大きさです。
京都御苑5

呑み込まれると、こんな風景が見えます。
京都御所7

近くで見るとこんな感じ。
京都御所9

桜の周りにはベンチもあって、老若男女が桜を眺めていました。
無料で入れる最高の場所です。
孝明天皇が「昔より 名にはきけども 今日みれば むへめかれせぬ 糸さくらかな」と詠んだそうです。
(桜は当時のものではないらしいですが)
私も名残惜しいけれど、そろそろ帰らなくては。
京都御所8
聖護院からバスで東大路通から今出川通へ。最後の訪問地は京都御所。
本満寺も気になったけど、疲れてきたのでまたの機会に。
入口を1本間違えて少し遠回りになりましたが、白いもこもこが見えてきました。
近衛邸跡の糸桜。
京都御苑1

木は何本かあるのですが、メインストリートに一番近いこの木が大人気。
細い通路は、移動する人と写真撮影する人とで混雑中。
京都御苑2

ここでのベスト借景は朔平門だと思うのですが、門側にカメラを向けている人はそんなにいません。
むしろ逆方向(つまりこっち)にカメラを向けている人が多い。
私の手前でシャッターチャンスを待っていたおじさん「京都で桜の写真を撮るのに借景を入れなかったら意味がないじゃないか?」と、私に同意を求めてくるから「そうですねぇ」と相槌を打ったら、通路に入ってこようとする人たちに向かって「そこ待って!」と、無理矢理シャッターチャンスを作り出した。
便乗して私も写真を撮る。ありがとう♪ 同じ考えの人に出会えて嬉しかった。
けど、地元の人にとっては見慣れた当たり前の景色すぎて興味がないのかもね。
京都御苑3

御所塀を借景に入れても御所っぽさが出ます。植え込みを写さない方がよかったか。
京都御苑4

奥の方の糸桜は人気がないようです。花のつき具合かな?
京都御所12

山桜も咲いていました。けっこう早咲きなのね。
京都御所11